社会課題への取り組み

グローバルな視座から、社会課題解決に繋がる価値の創造をめざす

agenda01.png

ここでできることは、あなたの想像を大きく超えている。

少子高齢化、人口減少、地球温暖化、水不足、食糧危機、エネルギー問題。はたまた地域・個人の経済格差、人権問題、国際紛争など、今という時代は様々な課題が社会の中で複雑に絡み合って存在しています。

ただ、当事者にならない限り、そうした諸問題は新聞やWebを飾る見出しとなり、どこか遠くで起きていることにしか感じられないものです。

しかしグローバルを相手にする企業にとっては、この世界の実情すべてがビジネスに大きな影響を及ぼします。とするならば、次世代のコンサルタントは、どんな立ち位置で企業をサポートするべきでしょうか?

DTCは、持続可能な社会の構築という観点から、個々のクライアントへのサービスの提供という枠を超えて、様々な社会課題の解決につながる新たな事業機会や価値の創造を目指しています。そのために、民間企業、政治家、行政・国際機関、NGO・NPO、学術機関などと幅広く連携し、グローバルな視座から社会課題解決を加速する新たな価値の創出を進めています。

これらは、DTCが標榜する『100年先に続くバリューを、日本から。』という使命のもと、次世代に引き継がれるものとしてすでに機能し始めています。

この世界をよりよく変えていく。
DTCというフィールドは、あなたの想像を大きく超えて広がり続けているのです。


※DTCの社会課題への取り組みについて、詳細はこちらからご覧ください。
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/dtc/social-impact.html

© 2017. For information, contact Deloitte Tohmatsu LLC. 著作権ならびにその他の利用規定については、利用規定をご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。DTTLおよびそのメンバーファームについての詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、税理士法人トーマツおよびDT弁護士法人を含む)の総称です。詳細は www.deloitte.com/jp をご覧ください。