デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 新卒採用

5年目のコンサルタント

常に挑戦する機会が豊富にある

新卒で入社し、実践で活躍中の5年目のコンサルタント4人に、以下の質問を投じました。
プロフェッショナルとしての若きコンサルタントのリアルを感じ取ってください。

海外大学院/地理環境研究科

Y.T

Q.コンサルタントを志望した動機は?

A. 環境問題に携わることができる業界を目指していた中で、研究機関やシンクタンク、環境コンサルタントを視野に入れていました。

Q.DTC を選んだ理由は?

A. 総合ファームの中でも突出している、サービスラインの多様さです。中でも、公共部門に環境系チームがあったことは、当時の私には大きな魅力でした。あとは、DTCの多様性を尊重する価値観ですね。様々な記事で触れた、DTCの「異なる価値観がぶつかることによって新しいバリューが生まれる」という思想に強く共感したのを覚えています。

Q.入社前と入社後の印象の違いは?

A. トーマツという日系企業が持つタテ社会と、Deloitteという外資系にありがちなアップ・オア・アウトの人材管理が組み合わさって、相当厳しい会社なのだろうと思っていました。 けれど実際は、想像以上に人に対して温かみがありました。どなたも合理的かつ誠実に応じてくれるので、厳しいフィードバックを受けたときでも前向きに受け止めることができます。

Q.この仕事のやりがいと苦労は?

A. 常に挑戦があることです。1つのことができるようになっても、次の「できないこと」が待っています。そして、その「できないこと」に挑戦する機会が次々に与えられます。一方で、自分ができないことをやり抜いてお客様に価値を提供しなければいけないというプレッシャーは未だに感じています。プレッシャーをモチベーションに転換できるよう、楽観志向を鍛えるのが今感じている苦労でしょうか(笑)

Q.コンサルタントの資質とは?

A. ビジネスを語り得る、確かな論理的思考を持つことです。 全体を見据えた上で要素を分解し整理できる能力がコンサルティングの基礎だと思います。

Q.10 年後の自分は?

A. 常に新しい価値をお客様に提供できるコンサルタントでいたいと思っています。社会の変化は加速しています。コンサルティングもどんどん変わっていくでしょう。その変化をリードできるような実力をつけたいというのが今の希望です。

他の人をみる