育児をしながら働くコンサルタントの座談会

働き方は自ら選択し、変えていくことができる

 個々の価値が発揮できる環境づくりと、多種多彩なメンバーの協働によるイノベーション創出を目的にした、DTCのダイバーシティ活動。育児や介護により働き方に制約があっても、意志のある人には長く働き続けてほしいという想いから、勤務制約がある中でも最大限の価値を出してもらうためにワーキングプログラム制度を設けている。今回は3人の育児者に、コンサルタントとしていかにして働いているか、またワーキングプログラム制度をどのように活用しているか語ってもらった。

O/ シニアマネジャー 2012年入社(女性)
A/ マネジャー 2011年入社(男性)
K/ コンサルタント 2015年入社(女性)

pic_diversity08_02.png

それぞれの事情や希望に合った働き方の選択

-DTCにおいて、どのような働き方をしていますか?

O 私が入社した2012年時点で子供は3歳でした。子育て中は、全面的に出張を外してもらうのが一般的ですが、私の上司は、私が出張するための社内外に向けた調整を支援してくれました。加えて、夫の会社も理解があるので、夫が周囲に気を遣って急な保育園のお迎えに行けないということもありませんでした。私の抱える責任を、それが仕事関係であるか否かに関わらずどう果たすかを周囲が本気で考えてくれたことで、必要であれば出張や残業も含む仕事の仕方ができていると思っています。

-Aさんは、DTCのワーキングプログラム(以下略:WP)を利用されていますよね。男性の利用者は多いですか?

A 年々増えてはいるものの、女性のWP利用者と比較すると現状では少ないですね。僕自身も以前から検討していたのですが、正直に言うと、先駆者になることにためらいがあり、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

-それが男性の実情かもしれません。その上でなぜWPを利用しようと思ったのですか?

A 妻が体調を崩した時期があり、家庭内の育児のバランスが乱れたことが直接的な理由です。WP利用前も朝は保育所に寄ってから出社していましたが、夕方もとなると、やはりなかなか厳しくて。やがて臨界に達したというか、生活自体が綱渡りになってしまい、もう限界だと悟ったところで同じユニットの男性が似たような状況にあったので、二人同時にWPを取り入れました。

pic_diversity06.png

-利用してみていかがでしたか?

A 気持ちが楽になりました。状況を明確にしたことで、職場も家庭もすっきりです。プロジェクトメンバーの理解・協力のおかげもあり、今は定時に上がり、子供を迎えに行き、必要があれば早起きして家でも仕事をしています。

-Kさんはいかがですか?

K 私は二人の子供を抱えるシングルマザーです。上の子を抱えながらビジネススクールに通い、ダイバーシティを自分のテーマとし論文を書きました。DTCにはその論文を持って入社しました。というのは個人の事情に過ぎませんが、WPを活用しながら、いつでもベストな自分の働き方を選べることがとてもありがたいです。

© 2017. For information, contact Deloitte Tohmatsu LLC. 著作権ならびにその他の利用規定については、利用規定をご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。DTTLおよびそのメンバーファームについての詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、税理士法人トーマツおよびDT弁護士法人を含む)の総称です。詳細は www.deloitte.com/jp をご覧ください。