デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 新卒採用

コンサルタントの仕事を新人目線で体験

新人研修を終えてプロジェクトにアサインされれば、
周りは皆プロフェッショナルなコンサルタントたち。
国籍もバックグラウンドも異なるメンバーが
1つのゴールに向かって闊達な議論を行い、
クライアントに価値を提供する。
実際のDTCにおける仕事はどのようなものなのか、
文章では分からないリアルなコンサルタントの現場を新人目線で体験してください。

※1 このページでは、VR(バーチャルリアリティ)を用いた360°映像を体験できます。
ご利用方法はこちらをご覧ください。
※2 登場するプロジェクト、クライアント、登場人物はすべて架空のものです。

プロジェクト紹介

グローバル経営管理高度化プロジェクト

株式会社スタームーンホールディングスは世界約150か国に拠点を持つ半導体メーカーである。企業の成長スピードに対して統制整備が追いついておらず、各拠点の実態が正しく把握できていないため、事業投資や人員配置の面で最適な経営判断ができない課題がある。
そこで、グローバル経営管理のノウハウが豊富なDTCに支援を依頼した。プロジェクトは順調に進んでいたが、想定以上に難題が多く、困難を極めていた。そこで、あなたは新たなメンバーとしてプロジェクトにアサインされた。

  • 佐藤 咲良(ビジネスアナリスト)

    新人コンサルタントであるあなた自身。新人研修後、複数のプロジェクトでデータ分析や資料作成を担当。
    社会を変える高い志と最後までやり抜く責任感で日々のプロジェクトワークに奮闘。

  • 鈴木 結衣(コンサルタント)

    入社3年目。プロジェクトの主力メンバーとして説得力のあるアイデアを提示。
    面倒見がよく、後輩アナリストの良き相談役。

  • Kim Hyung Woo(シニアコンサルタント)

    入社5年目。韓国出身。日本語も英語も堪能。
    いくつものグローバルプロジェクトで活躍し、本プロジェクトで初めてプロジェクトリーダーを務める。

  • 高橋 努(マネジャー)

    入社10年目。サプライチェーンのスペシャリスト。複数のグローバルシステム統合を成功に導き、
    本プロジェクトでもその実績を見込まれてプロジェクトマネジャーを務める。

コンサルタントのキャリアパスはこちらを参照してください

コンサルタントの仕事

  • 1プロジェクト参画

    コンサルタントの仕事はプロジェクトという単位で行われます。プロジェクトは小規模なものでは2~3人、大規模なものでは数十人単位になるものもあります。都度それぞれ強みを持ったメンバーがチームを結成し、クライアントの課題解決に尽力します。毎回違うメンバーに出会えることも、コンサルタントの面白味の一つです。

  • 2クライアント中間報告

    プロジェクトの途中段階で調査状況や検討状況をクライアントに報告します。段階的に作業の内容を確認したり、方向性を軌道修正したりすることは、成果の質を上げる上で重要なプロセスです。中間報告で新たな課題が発生することもしばしばですが、クライアントと進むべき方向を再確認し解決すべき課題が明確になるのはむしろ歓迎すべきことです。

  • 3プロジェクトワーク(1/2)

    中間報告の結果を受け、次回の報告に向けて急ピッチで調査・検討を進めます。膨大な量の情報を目の前にしても、真に重要な課題を見極め、論理的思考とスピード感を持って作業を進めることはコンサルタントとして非常に重要なスキルです。

  • 4プロジェクトワーク(2/2) 

    困難な課題は決して1人の力で解決することはできません。DTCでは職位や年齢を問わず、チーム一丸となって課題の解決にあたります。若手であっても積極的に自分の考えを発信することが、プロジェクトの大きな成果に繋がります。

  • 5クライアント最終報告

    チームの検討結果をクライアントに報告するプロジェクトの集大成です。ここに至るまで苦しい道のりでしたが、クライアントからの感謝はコンサルタント冥利に尽きる瞬間です。また、クライアントから信頼を得ることで、新たな課題解決の相談を受けることも多々あります。

  • 6メッセージ

    コンサルタントの現場はいかがでしたか?プロフェッショナルの仕事は決して簡単なものではありませんが、社会を変えるという壮大なやりがいと、圧倒的なスピード感での成長は、コンサルタントならではです。DTCには、無限の可能性があります。我こそはという強い意志をお持ちの皆様を、DTCは心よりお待ちしています。
    コンサルタントのキャリアパスはこちらを参照してください

ご利用方法

このページの360°映像は、YouTubeならびに株式会社アルファコードが提供するVRider DIRECT(ブイライダーディレクト)(※)を用いてiOS、Androidのスマートフォンを始めとした様々な環境で視聴することが可能です。「VRider DIRECT」をご利用いただくと、より没入感のある映像がお楽しみいただけます。
ご利用方法は以下の通りです。
  • 1

    YouTubeで視聴

    YouTube上で360°映像を再生することが可能です。YouTube画面上をスワイプすることにより、視点の切替えが可能です。

  • 2

    VRビューワーで視聴

    スマートフォン用VRビューワーをお持ちの方は、お手持ちのスマートフォンにYouTubeアプリ、もしくはVRider DIRECTプレイヤーをインストールし、VRビューワーに装着いただくことで、360°映像を再生することが可能です。これにより、没入感の高い体験をしていただくことが可能です。

  • 3

    ヘッドマウントディスプレイ
    (HMD)で視聴

    WindowsMRをお持ちの方は、Microsoft StoreにてVRider DIRECTプレイヤーをインストールし、HMDをご自身に装着いただくことで、HMD上で360°映像を再生することが可能です。これにより、高品質な没入感を得ることが可能です。
    ※デバイス画像はイメージです

※ VRider DIRECTは、株式会社アルファコードが提供するVRコンテンツの作成・配信のためのCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。アルファコードの詳細はこちらをご覧ください。

■動作環境について(YouTube)

【パソコン】

Chrome、Opera、Firefox、Ms Edge、Internet Explorerの最新バージョンをご利用ください。
最新のInternet Explorerでも視聴できない場合があります。
その際はChromeをご利用ください。
詳しくはYouTubeヘルプをご覧ください。

【スマートフォン・タブレット】

最新のYouTubeアプリをご利用ください。

iPhone/iPadをお使いの方 iOS バージョン 8.0 以降

Androidスマートフォン/タブレット  バージョン 4.0 以降

詳しくはYouTubeヘルプ(ダウンロード更新)をご覧ください。

■動作環境について(VRider DIRECT)

【ヘッドマウントディスプレイ】

Windows Mixed Reality(Windows MR)対応機器
Microsoft Storeにて「VRider DIRECTプレイヤー」をインストールし、
ご利用ください。

【スマートフォン・タブレット】

最新の「VRider DIRECTプレイヤー」をインストールし、
ご利用ください。

iPhone/iPadをお使いの方 iOS バージョン 9.0 以降

Androidスマートフォン/タブレット  バージョン 5.0 以降

他のプロジェクト事例を見る