デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 新卒採用

Region Pool(大阪オフィス)

業務内容

大阪(関西地域)では、1990年代にいち早く拠点を設けてから30年余、腰を据えて関西経済圏と正面から向き合って活動を続けており、今では多くの関西企業と強い信頼関係を構築しております。
また、関西における様々な業界のクライアントに対して、様々なオファリングサービスを提供していることが特徴的です。他インダストリーユニット・他オファリングユニトとコラボレーションをしながら、関西企業の皆様が抱える課題を一番近くで解決する、いちクライアントに対し、面でサポートできる点も関西の大きな特徴です。

最近のビジネス状況・プロジェクト事例

戦略策定・オペレーション改革から、直近では「デジタル系新規事業の構想策定」などのプロジェクトも増えています。また関西を起点にしつつも、グローバルを巻き込んだプロジェクトも盛んです。

【プロジェクト事例】
・自動車(自動車部品):構造改革支援プロジェクト
・通信・メディア・テクノロジー(電子部品):新規事業開発支援プロジェクト
・消費財(食品):基幹システム導入PMOプロジェクト
・プロセス業(化学):サスティナビリティ戦略策定プロジェクト
・ライフサイエンス(製薬):データマネジメント基盤構築プロジェクト
・金融(銀行):IT人材マネジメントに関するアドバイザリープロジェクト

若手社員の声

クライアントとも仲間とも“One Team”になれる(新卒6年目 シニアコンサルタント)
お客様とより“広く・深く・長く”関わることができるのが、Kansaiユニット(大阪)で得られるやりがいの一つです。例えば私はこれまで、変革構想の策定に留まらず、何百人ものメンバーを巻き込み変革を推進し、さらには変革が形として実るまで、“End-to-End”でのご支援を多く経験してきました。学生時代、コンサルは外部アドバイザーのようなイメージを持っていましたが、今では自分自身がお客様と一枚岩になって変革を前に進めているという実感を得られており、Kansaiユニットでコンサルタントとして働く面白さを日々感じています。

ビジネスパーソンとしての総合力が鍛えられる組織(新卒3年目 コンサルタント)
元々関西出身であり、地元企業の挑戦・変革に貢献したいという志を持って、新卒でKansaiユニットに入社しました。
Kansaiユニットの魅力として、関西圏の企業が抱える様々な経営課題に対応できる専門家の幅の広さを感じています。
他Poolと異なる特徴として、一つの組織内に戦略・M&A・人事・会計・システム等多様な専門家が所属しており、お客様のあらゆる経営課題に対して包括的な支援ができます。
また、関西圏は比較的フレンドリーなお客様が多く、PJでのクライアントとの距離の近さも魅力です。新人時代からお客様とのコミュニケーションも任せていただき、貴重な経験が出来ました。

何でも挑戦できるアットホームな環境(新卒2年目 コンサルタント)
入社後最初にアサインされた全社変革のプロジェクトでは、戦略から実行までの幅広い支援を行いました。
また、Kansaiユニットはユニット活動も活発に行われており、プロジェクトだけではなくユニット活動を通して他のメンバーと交流を深めることが出来ます。私は入社1年目からユニット懇親会や忘年会の企画・運営を任せていただき、2年目からはKansaiユニット新卒採用に関わる活動にも携わるなど、組織運営に関わることも可能です。ユニット活動に力を入れているKansaiユニットでは、アットホームな雰囲気が醸成されていると感じます。